アクトレイザー・ルネサンス

【古参ファンのクリア後感想】アクトレイザー・ルネサンス

こんにちは、ファミコン版からアクトレイザーをやりこんだ、ふくぞらです。

この記事では、

  • アクトレイザー・ルネサンスを購入するか迷っている方
  • 昔アクトレイザーをプレイしたことがあるけど、リマスター版は実際面白かったのか知りたい方

の為に、リマスター版アクトレイザー・ルネサンスのクリア後の感想を、正直に書いていきます!

私はファミコン版を2周したことがあるほどのファンであり、リマスター版もクリア済みです。

結論として、ファミコン版をプレイした方も、初めての方もリマスター版はオススメできます!買って損なしです!

アクション&クリエイションパート共にバランスの取れたゲームで、お手軽で中々楽しめる内容になっています。

では、感想です!

概要

1990年にスーパーファミコンで発売された『アクトレイザー』がリマスターされ、2021/9/24にNintendo Switch/PS4/Steam/Smartphone向けに『アクトレイザー・ルネサンス』として発売された。

グラフィック、キャラクターが大幅に一新され、アクション要素の拡張、クリエイションパートに防衛戦などが追加された。

アクトレイザー・ルネサンス 公式HP
https://www.jp.square-enix.com/actraiser_r/

賛否両論なクリエイションモードの防衛戦はそこそこ面白い

ネット上で感想を見ると、新要素であるクリエイションモードで発生する「魔群の侵攻」と呼ばれる、防衛戦(タワーディフェンス)が賛否両論です。

新たに追加された「英雄」と呼ばれるキャラクターや砦を配置して、魔群から街を防衛するのですが、ゲーム性としては簡単過ぎず/難し過ぎずで丁度いいバランスで”そこそこ”面白いです。

リマスター前にはなかった要素で、手放しに面白いとは言えない程ですが、物語の厚みを出す要素として、個人的には”あり”だと思いました。

また防衛戦には「英雄」と呼ばれるキャラクターや、人々が大きくかかわってくるのですが、そのキャラクター達のデザインが秀逸で、ついつい感情移入したくなってしまう程です。

気が付くと物語を先を見たいと思い一心不乱にプレイしてしまいました。

特に砂漠の人々がセクシーですね。

アクションパートの理不尽な難易度は緩和され、お手軽に遊べる難易度に

神様のアクションに「斬り上げ」、「叩き斬り」、「バックステップ」などが新たに追加され、操作性も改善されています。なのでステージの難易度が理不尽でなくなっています。

(バックステップの無敵時間は思った以上に長いので、それに気づくと攻略しやすいです)

なので昔ほどの難易度を求めている方には、少し味気ないかもしれませんが、難易度を「HARD」モードにすれば、程よく楽しめると思います。

私は「HARD」モードでプレイしましたが、最初は難しいですが、慣れてくるにつれ後半はすんなりクリアできました。

難易度も「EASY」、「NORMAL」と選べるので、アクションが苦手な方でも遊びやすいようになっています。

神様なのにどこかチープで愛らしい

正直この、神様なのにどこかチープ。

というのがこのゲームの最大の良さだと思っています 笑

天使が光り輝きながらかっこよく

「今、この時お前たち人間の誠実なる願いが神の失われた力を呼び覚ました!」

と人々に宣言し、ついに神様が地上に降臨した!と思ったら。

  • ただの鳥の突進に仰け反り、針や穴に落ちる神様。
  • 鳥が落とした石ころにダメージを受ける神様。
  • 雑魚敵の攻撃を数発くらっただけで、膝をついてしまう神様。

……なんなのこの神様

すっごくイケメンなのに…

というのがクスっとして最高ですね。

総評:神様気分でお手軽に2Dアクションと街づくりができるバランスが取れたゲーム

リマスターによって、アクションパート、クリエイションパート共に絶妙で丁度いい難易度のゲームになっていました。

難し過ぎず簡単過ぎず、神様になってお手軽に世界を救い、人々を導き発展させていく。そしてちょっとチープな感じが好きな方には面白い作品になっていると思います。

昔やりこんだ私でも楽しめて、買って損はなかったです。クリア後にやりこみ要素が追加されているので、ファンには嬉しい内容になっていますよ!

以上、参考になる情報があれば嬉しいです。ここまで読んで頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA