かぎなど

「かぎなど」第2話がより面白くなるネタを解説(感想) 謎ジャムは味じゃない・書道ネタまとめ

ふくぞら

こんにちは、鍵っ子歴20年以上のふくぞらです。「MOON.」から「ヘブンバーンズレッド」までの作品をプレイ済みです。

この記事では、

  • 過去にkey作品をやったけど内容を覚えてなくて、かぎなどのネタが分からなかった人
  • 一時停止しないと気づかないような細かいネタを知りたい人
  • ネタを知って、もっとかぎなどを楽しみたい人

という方のために、「かぎなど」について全力で解説します。

この記事では、各作品のネタバレがありますのでその点ご注意下さい。

ただ、各作品に興味を持ってもらうのがこのアニメの趣旨だと思うので、根本的なネタバレは抑えています。

では見て行きましょう!

オープニング

ナレーションはCLANNADの岡崎直幸

もう…おれはナレーションをやり終えたのだろうか…

というのは、CLANNAD屈指の名シーンである、岡崎直幸(朋也の親父)のセリフ。

朋也は自分と直幸が同じ境遇でありながら、身も心も削って自分を育て上げたことを知り、直幸に田舎に帰ることを進めた。そのときの直幸のセリフが

もう…いいのだろうか…

もう…おれはやり終えたのだろうか…

これをオマージュしたわけですが、…感動が台無しですね 笑

因みにkeyの公式が感動を台無しにする感じのは、2007年に発売されたアニメKanon DVD3巻~5巻のオーディオコメンタリーで、麻枝准さんがひたすら本編と関係ない話を喋り通すというのがある。

そこら辺の時期から公式が普通に台無しにしてくる^^

屋上?で3人が持っている木彫りは、

  • 月宮あゆ:たい焼き
  • 伊吹風子:ヒトデ
  • 中津静流:サンマ

沢渡真琴が食べたそうにしているのは、「もんぺち」。リトバスに登場する架空の猫のエサ。現実にある「モンプチ」のこと。

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』2話より引用

此花ルチアが食べているのは、秋子さんが作った特製ジャム入りパフェ。いわゆる、謎ジャムである。

薬の影響で味覚を失っているルチアですら、魂が抜ける程のもののようだ。ルチアは激辛パフェを食べても平然としていたのにだ。

…つまり謎ジャムとは

上手い不味いとかいう次元のものではないらしい

本編 タイトルなど

藤林椋の闇落ちと、うさ耳の魔物

Rewriteの吉野晴彦が座っている席に、自分のイニシャルである「H.Y.」と書いてある。高校生にもなって自分の名前を書いてるところが、アホっぽいというネタ。。かな?

吉野晴彦:テロリストとかこねぇかな…

ここのテロリスト発言は、第2シーズンのAngel Beats!組登場への伏線だった模様

藤林椋は原作でも料理は下手な方であり、また柊勝平ルートで岡崎ではなく柊勝平と恋人同士になっていることから、一部プレイヤーから尻軽と言われているらしい。

さらに椋エンドはあるものの、ちょっとしたおまけ程度のエンディングであり、光の玉すら手に入らない。そのため、かぎなどでは少し捻くれてしまったようだ 笑。原作は普通に良い子

川澄舞のセリフの意味は

  • 「はちみつクマさん」→「はい」
  • 「ぽんぽこタヌキさん」→「いいえ」

祐一が舞を人気者(川澄舞 校内人気者化計画)にする為、言わせたセリフ。

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』2話より引用

吉野が「魔物を討つ剣士」と言った時の舞の背景の魔物が、「うさ耳」を付けている。制作陣も良く分かっていらっしゃる!

「しばらくお待ちください」と、春原はギャグ的に不死身

春原の台座を持っているのは、リトバスの朱鷺戸沙耶ルートで登場する地下迷宮の雑魚的たち。

ポテトとは、霧島佳乃曰くだが実際のところ不明w謎の毛玉生命体とも呼ばれている

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』2話より引用

春原が真っ二つにされたときに表示された、「しばらくお待ちください」の絵は、CLANNADのエンディングの最後の場所と思われる。

春原はギャグ要因の為、真っ二つにされても死なない。

壁に貼っているネタまとめ

貼ってある書道で書いた作品は(右から)

  • 西園美魚:薔薇
    ※BL好きだから
  • 井ノ原真人:筋肉
    ※筋肉だから
  • 朱鷺戸沙耶:げげごぼうおぇっ
    ※恥ずかしがった時のリアクション
  • 殺村凶子:にくまん
    ※沢渡真琴が自分の名前を思い出せなかったときに、祐一に付けられた名前。即却下された。真琴は肉まん好き。
  • 天王寺瑚太朗:乙杯
    ※おxぱいのこと。乙杯ルートというのがRewriteに存在する。
  • 伊吹風子:ヒトデ
    ※ヒトデが好きだから

「日本マーテル協会主催 フリーマーケット」とは、rewriteで登場するガイア主義側の拠点である、日本マーテル会のこと。

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』2話より引用

見づらいですが、画面左の「ツチノコ発見!?」とかかれた新聞に、Rewriteに登場するツチノコハンターの津久野(旧姓:長居)がいる。本当は朱音の専属秘書。

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』2話より引用

画面左の後ろの黒板に書かれている、「黒磯」とかかれたヒトデみたいな絵は、Rewriteの中津静流の妄想キャラ。名前は「イソゲルゲ」。

エンドカードイラストの沢渡真琴とぴろ(猫)は、「たにはらなつき」さんの絵。

真琴は肉まん好き。真琴推しの私としてはこの絵はかなり好き!メチャクチャ可愛いですね。

以上、「かぎなど」第2話がより面白くなるネタを解説(感想)、でした。

ここまで読んでくれてありがとうございました!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村の「アニメ考察・研究」ランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります♪
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA