かぎなど

「かぎなど」第19話がより面白くなるネタを解説(感想)!key作品最強キャラはあの4人!?

ふくぞら

こんにちは、鍵っ子歴20年以上のふくぞらです。「MOON.」から「ヘブンバーンズレッド」までの作品をプレイ済みです。

この記事では、

  • 過去にkey作品をやったけど内容を覚えてなくて、かぎなどのネタが分からなかった人
  • 一時停止しないと気づかないような細かいネタを知りたい人
  • ネタを知って、もっとかぎなどを楽しみたい人

という方のために、「かぎなど」について全力で解説します。

この記事では、各作品のネタバレがありますのでその点ご注意下さい。

ただ、各作品に興味を持ってもらうのがこのアニメの趣旨だと思うので、根本的なネタバレは抑えています。

では見て行きましょう!

Key作品で最強キャラは誰?結論:天王寺瑚太朗、鳳咲夜、加島桜、水瀬秋子さん

かぎなど本編解説にする前にKey作品の最強キャラは誰なのか、まとめてみました(個人的な主観も含まれています)。異論もあるかもしれません。興味なければ飛ばしてください。

今回かぎなどに登場した各作品のキャラはこちら

  • Kanon:川澄舞
  • AIR:神奈備命
  • CLANNAD:一ノ瀬ことみ
  • リトルバスターズ!:宮沢謙吾
  • Rewrite:鳳ちはや(鳳咲夜)
  • Angel Beats!:松下

でも実際各作品の最強は誰なのか?個人的には以下のキャラだと思います。

  • Kanon:水瀬秋子、川澄舞
  • AIR:神奈備命
  • CLANNAD:坂上智代
  • リトルバスターズ!:棗 恭介井ノ原真人来ヶ谷唯湖、宮沢謙吾
  • Rewrite:天王寺瑚太朗加島桜、鳳咲夜
  • Angel Beats!:天使

この中で誰が、一番最強なのはやはり

天王寺瑚太朗、鳳咲夜、加島桜

の3人の誰かだと思います!1人には絞れません、ごめんなさい!

何をもって最強とするのかは、1対1なのか、加島桜であればマーテル協会全員を含めて戦力とするのか、いろいろ条件によって変わってくるとは思います。

今回は1対1の勝負を想定しています。(加島桜は並行世界の自分と同期できますが、それはOKとしています)

この3人に絞るだけでも結構ファンの間でも議論があったりします。

※若い頃の江坂宗源、中津静流、地竜も強いですが、この3人程ではないでしょう。瑚太朗は若い江坂宗源を篝の導きで何とか倒せましたが、最終的な瑚太朗であれば、助けがなくとも倒せると推測しています。

…但し、ギャグ路線も入れれば、

水瀬秋子さんがNo.1になる可能性もある気がしますww

江坂もかぎなど10話で秋子さんを

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』10話より引用

江坂宗源:加島桜以上のオーラ!青春どころか、今この瞬間が私の人生綱渡り!

と言っていますしw

秋子さんはkeyの二次創作が盛んだった頃に、ファンの妄想によって散々ネタにされて、key最強格の印象が強いです。

今回のかぎなどは、

  1. 咲夜を舞が無理やりな設定で倒す(実際舞が咲夜を倒すことはできない。かぎなどだけの設定だと思う)
  2. その舞を天使が場外に飛ばして倒す
  3. 天使が聖歌隊も倒し、天使がNo.1になる

となりました。天使は「20周年記念生放送第3回 Keyキャラクター人気投票「Key総選挙」」で人気投票で2位を獲得しているので議論にならないよう、スタッフ陣が無難なところに着地させたのだと思います。

なにより天王寺瑚太朗、鳳咲夜、加島桜の3人の誰かが優勝では、ありきたりで面白くないですからね 笑

結論。key最強キャラは

  • 天王寺瑚太朗、鳳咲夜、加島桜
  • ギャグ目線だと水瀬秋子

です。key全作品・全アニメを含めてもこの結果になると思います。(アニメCharlotteの最終的な乙坂有宇でも、人の域は出ていない気がします)

もちろん異論はあると思います!でもこうやってkeyについて考えてみるのも面白いですね。

オープニング

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

江坂宗源:高潔であるなら弱者でもできる。
だが勝つことは、強者にしかできん

とはRewriteのTerra編で、瑚太朗と若い頃の江坂宗源との決闘後の、江坂のセリフ。

この決闘シーンはRewriteの中でも特に印象に残っているので、このセリフを取り上げてくれてホント嬉しい限り。若い江坂さんがかっこよ過ぎて痺れますよ!

本編 最強など

解説員紹介!って解説員が強すぎない?

舞台がドラゴンボールの天下一武道会のような感じになっている。

篝以外は「き~水」という水を飲んでいる。デザイン的にサントリーフーズの天然水のデザインをオマージュしている模様。

篝が2種類(茶色と青色)のkeyコーヒーを計4本飲んでいる。この2種類のkeyコーヒーはアニメAngel Beats!の自販機で登場したもの(音無がよく飲んでいた)。ただ缶の文字だけ違っていて、かぎなどは「きい」、Angel Beats!は「key」と書かれている。

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

天使と篝は同じ声優である花澤香菜さん。その他に花澤さんは、リトルバスターズ!の杉並睦実を担当していたりする(来ヶ谷ルートで登場するモブキャラ)。

雪国の退魔剣士 川澄舞 VS ガイヤ最強の魔物使い 鳳ちはや

鳳ちはや:咲夜―!!

鳳咲夜:ぶぅうう!!

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

舞に叩かれた時の咲夜の顔が、太った咲夜の顔っぽくなっている 笑

RewriteのMoon編で瑚太朗が作り出した咲夜HB(ヘビィボディ)というキャラがいる。その咲夜HBの顔がこんな感じ。

加島桜:魔物を討つことに特化した川澄舞には、鳳咲夜は勝つことができない

大山:うっそみたいな設定で最強がダウン!

本当にうっそみたいな設定過ぎる 笑

確かに川澄舞は魔物を討つことを目的に戦ってはいるが、咲夜を倒せる程強くはない。実際にそうなのだとしたら、魔物化した天王寺瑚太朗、鳳咲夜、加島桜(地竜)辺り全員に勝ててしまうだろう…

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

負けたちはやが白旗を振っている。無茶苦茶可愛い 笑。ちはやの可愛さはもっと評価されるべき!

翼人最終伝承者 神奈備命 VS 屋上降下経験者 宮沢謙吾

謙吾の屋上降下経験者とは、古式みゆきを助けた時のシーンのこと。落ちる古式を助ける為に、抱きかかえて一緒に落ちる謙吾の名シーンだ。(2人とも無事であった)

宮沢謙吾:リトルバスターズソード!

リトルバスターズソードなんてセリフあったかな…、調べて見ましたが分からないですね~^^;

神奈備命:パサッ

裏葉:柳也様、神奈様が空をお飛びに

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

柳也:神奈っ!もっと高く飛べっ!もっと高くっ!

ここの流れがAIRアニメの流れと殆ど同じで、メチャクチャ面白いですね!

ホントこのシーンが胸熱なんですよね。3人の仮初の家族だったものが、本物の家族のように深い関係になるところがホント好き。

何気に裏葉が写真を撮っている。昔の時代にもしスマホがあったのなら、裏葉の性格なら本当に撮っていただろう。スマホの柄のトンボは、裏葉の別の着物の柄だったもの。

大山:そんなうぶな生徒が観客席にも多数いる模様。ごっつぁんです!

ここら辺の各主人公などの表情がかなりこだわっている気がする。そういう態度を取るだろうなという感じ!

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

ただ直枝理樹が少し余裕ある表情。流石10人もの経験回数があるからだろうか 笑。原作ならもっと「えっ!?」という表情か、見ないようしている気がする。来ヶ谷はガン見するだろうw

天才少女 一ノ瀬ことみ VS 死んだ世界戦線格闘指南役 松下護騨

松下のフルネームは実は松下五段ではなく、松下護騨

松下五段という名前は、SSS(死んだ世界戦線)のメンバーから敬意をこめて呼ばれているだけであって、柔道の五段を取っているわけではない。高校生が柔道の五段を取得する事は不可能。

松下:おおー!こーーーい!!

このセリフは「Angel Beats! -1st beat-」で登場する松下のセリフ。SSSに入ったばかりの音無と松下が親睦を深める為、音無が投げ技を何度も受けるというシーンのセリフだろう。

超個人的には「Angel Beats! -1st beat-」の中では、意外と松下のシナリオが一番爽やかで面白かった気がします。

一ノ瀬ことみ:ぎこぎこぎこぎこぎこぎこいぃいぃい~~~~ぃ!!

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

何気に藤林杏がみみせんを周囲の人に売ってお金を儲けている模様 笑。杏の懐にお札のようなものが入っている

渚もみみせんはしているが、両手を上げてをいるので、ことみを応援しているようだ。原作でも渚は応援するときや頑張るときは、よくこのポーズをしている。ホント制作陣の芸が細かい!

天使 VS 全員(聖歌隊)!?

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

天使:ガードスキルハーモニクス

天使:ガードスキルハウリング

ハーモニクスは分身する技。ハウリングは超音波を発生させる技。

天使自身がハーモニクスを連呼するのは初めて。原作ではハーモニクスした天使がハーモニクスをして分身を量産したことはある。

ハーモニクスが元に戻る(アブソープ)時に、天使自身の精神に多大なる混乱を与えていたが、今回はその設定は無いことになっている模様。もしくは麻婆豆腐の恨みは本人自身の純粋な気持ちなので、一つに戻っても影響しないのかもしれない 笑

加島桜:頃合いのようね。マーテル聖歌隊称えよ!

篝:この歌は

この歌はRewriteに登場する聖歌隊の「滅びの歌

この歌を篝が聞くと、篝の「救済」つまり人を滅ぼすことを後押しする力がある。だが「良い記憶」であればこの歌を聞いても篝は救済は行わない。

加島桜:救済こそ最強とここで証明しましょう

天使:ハウリング

©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO
『かぎなど』19話より引用

福 井子:また失敗…

怒涛の展開ですが、加島桜が最強を証明しようと篝をたき付け天使に挑んだが、天使のハウリングの方が勝り、天使が勝者に。

「福 井子」とはRewriteのTerra編で登場するガイヤ思想のキャラクター(左下ののキャラ)。原作で井子は、行き詰った状況になり聖歌隊に入り地球を滅ぼそうとしたが、瑚太朗に阻止された。その時のセリフが

福 井子:…失敗…かあ

なので、かぎなどで再度挑むも天使に負けた為、「また失敗」と言ったのだろう。

というかRewriteプレイ済みでも、福井子のことを忘れている人の方が大多数だと思う。でもこの福井子はRewriteの殺伐とした雰囲気を引き立てる役として非常に良い役回りをしている。Terra編の最後の方の殺伐として&怒涛の展開がホント好き。

かぎなどの坂本監督も急遽出番を思いついたそうです。作品への熱量が伝わってきますね~!

天使:虚しいわね。力じゃマーボ―は守れない

勝利は儚い…笑

エンドカードイラストの天使は、「藤真拓哉」さんの絵

ガードスキルエンジェルズウイングを発動している天使。雨が上がった時の神々しさを相まって正に天使!可愛いですね~!

また放送前イラストは

以上、「かぎなど」第19話がより面白くなるネタを解説(感想)、でした。

ここまで読んでくれてありがとうございました^^

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村の「アニメ考察・研究」ランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります♪
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA